「生活クラブ共済ハグくみ」の保証内容が2016年9月から、さらに良くなりました!

ケガ通院を1日目からの保障に見直しました!

ハグくみ加入者へのアンケートで「ケガ通院1日目からの保障」を求める声が最も多く、これを実現することで、日常起こりうる、ちょっとした事故への身近な保障をめざしました。

保障開始日から1年以内の出産も5,000円の保障に!

これまで、保障の開始日から1年以内の出産は、半額の2,500円の支払いでしたが、この削減の規定を見直し、保障開始日から1年以内の出産でも5,000円の出産祝金を支払いに改定しました。加入者(組合員)みんなで、組合員(その家族)の出産を祝う気持ちを現わす内容に見直しました。
*この見直しは、生活クラブ共済ハグくみの特徴です。

夫婦で加入されている場合、出産祝金をお2人に!

夫婦でハグくみに加入されている場合、お2人にお子さんが誕生したら、パパとママの両方に出産祝金を支払うことにしました。
*これまでは、夫婦で加入されていても、1世帯につき5,000円の支払いでした。

資料生協はこちら
保障の内容はこちら

たくさんの組合員が参加して、「生活クラブ共済ハグくみ」の保障内容を良くしました!

自分たちに必要な物を「消費材」としてつくり育ててきたように、組合員の生活に必要な「たすけあいの消費材」として独自の共済制度「生活クラブ共済ハグくみ」を「つくり」、組合員自らの力で「変える」ことができました。

「生活クラブ共済ハグくみ」の保障内容の見直しに向け、プロジェクトを立ち上げました!

2016年度「生活クラブ共済ハグくみ」の保障内容の見直しに向け、各単協の組合員代表の理事で構成する、「保障事業政策委員会」のもと、2014年12月「ハグくみ制度改定プロジェクト」を立ち上げました。

「生活クラブ共済ハグくみ」の加入者アンケートを実施しました!

2015年「生活クラブ共済ハグくみ」の加入者にアンケートを実施しました。加入者からの意見や要望をまとめ、加入者の状況分析を行なった上で、事業的な継続性も鑑み、1年近く討議を重ねました。

生活クラブ共済ハグくみ加入者の想いを反映した制度改定!

今回の保障内容の見直しは、ハグくみ加入者(組合員)の想いが反映された結果であり、組合員の積極的なかかわりで、「たすけあいの消費材」であるハグくみをよりよくしていくことは生活クラブならではの取組みです。

ハグくみ制度改定プロジェクトメンバーからのメッセージ

若い世代に魅力ある制度に!!

エスコープ大阪 吉田 正美さん

ハグくみは組合員どうしのたすけあいの一つとして、私はおすすめしています。しかし子育て世代の組合員からは、同じ1000円なら消費材の購入に回したいと言われたこともあり、なかなか加入がすすんでいません。全単協のハグくみ加入者の平均年齢は52歳と聞きました。
今回のハグくみの制度改定は若い世代に魅力のある制度内容にしようと話し合ってきました。
通販型検診サービス等の周辺サービス付帯についても検討しましたが、どの世代でも最も要望のある「ケガ通院1日目からの保障」のほか、「出産祝金」の減額規定規定※の見直しも行なうことになりました。

※保障の開始日から1年以内の出産の場合、「出産祝金」5,000円の半額の2,500円の支払いでしたが、今回、この削減規定を廃止し、保障の開始日から1年以内の出産でも5,000円の支払いに改定しました。

このように、自分たちで制度内容をつくり、変えていけるというのは独自共済ならでは。子育て中のお母さんのために共済として、どんどん子育て世代にもハグくみをおすすめし、新しい仲間を増やしていきたいと思います。そして、いつの日か加入年齢や満期年齢の引き上げも実現できるようにしたいと思います。

退院後や産後の一時金とケアサービスの充実

生活クラブ千葉 岩上 章子さん

今回のハグくみの制度改定と同時に「退院後ケア共済金」を「退院後サポート金」へ、「産後ケア共済金」を「産後サポート金」へ名称を変更しました。これは入院・出産した後の一時金だということを、よりわかりやすくしたものです。 一方、「生活クラブ共済ケアサービス」は退院後などの回復期にケアを受けたいとき支払われるもので、地域にケアをするケアワーカーズを増やしたり、たすけあいの関係性を育んでいきたいとの狙いがあります。サービスの内容も単協独自で設計でき、現在全国10の生活クラブで始まっています。ハグくみの特徴のひとつであるこのサービスを拡充し、利用を進めることで、地域課題となっている高齢化や孤立に備える一助にしたいと考えています。
今回の制度改定により、生活クラブ生協に加入した子育て世代の組合員がよりハグくみに加入しやすくなることを目指しています。そしておおぜいの加入者により、より広い対象者、より充実した保障のハグくみをつくっていきます。

資料生協はこちら
保障の内容はこちら