参加しよう!地域の保障制度

組合員同士のたすけあいのしくみ「エッコロ共済(エッコロたすけあい制度)」

生活クラブでは、日常のちょっとした困りごとや消費材の購入、組合員活動などに関わる、組合員同士のたすけあいのしくみがあります。組合員が集まるひろばをつくったり、安心して共同購入するための保障であったり、また、組合員活動に参加するきっかけづくり、託児などお子さんへのケアなど、制度内容は所属する単協によって異なりますが、組合員同士がお互いさまの気持ちで助け合うという主旨は共通です。

エッコロうさぎ

エッコロマークの由来

「エッコロ」とはイタリア語で「はい、どうぞ」という意味。
気軽にたすけたり、たすけられたり、という気持ちを表現しています。
エッコロのマークには、困った時に手を差しのべてたすけあうという想いが込められています。
一見かわいいウサギに見えますが、逆さにしてみると両手が図案化されています。

制度内容は所属する単協によって異なります。詳細は下記リンク先または所属する単協にお問合せください。
なお、山梨、静岡、青森、群馬、ふくしま、福祉クラブ、奈良、滋賀では現在、エッコロ共済を行なっておりません。

雇用関係をもたず地域で働く人たちの所得保障「ワーカーズ・コレクティブ共済」

人と人のたすけあいを形にした共済は生協の組合員だけでなく、働く人々や医療団体、障害者団体などさまざまな場面で使われ ています。現行法にふさわしい法人格がないために労働保険が適用されないワーカーズ・コレクティブの働き方を、自分たちで支 え合うための共済もその一つです。神奈川県のワーカーズ・コレクティブ連合会がつくってきた「ワーカーズ共済」は、2011年10月 に新会社ワーカーズ・コレクティブ共済株式会社を設立し、2012年4月から少額短期保険「ワーカーズ・コレクティブ共済」として展 開しています。生活クラブ共済連としてこの動きに連帯し、会員単協やワーカーズ・コレクティブ ネットワーク ジャパン(WNJ)と も連携して全国のワーカーズ・コレクティブメンバーが加入できる条件づくりと、将来的には組合員や組合員の家族の所得保障 共済に発展させていくことをめざしています。

ワーカーズ・コレクティブとは

ワーカーズ・コレクティブとは、地域で豊かに暮らしていくために必要な機能やサービスを自分たちで事業化し、一人ひとりが経営者であり労働者として事業に関わる働き方。仕事の目的や働き方、報酬などはみんなで話し合って決め、責任もみんなで持つ「働く人の協同組合」です。全国で500以上のワーカーズ・コレクティブが事業を行っています。

ページトップへ