生活クラブ共済連みんなでたすけあうしくみ、だから掛金が手頃です。

生活クラブ福祉事業基金とは

2025年問題、それは団塊の世代が後期高齢者となり、医療・介護などの社会保障の急増、看護や介護を担う人材、施設の不足が懸念される問題です。
また保育所不足、生活困窮への支援、障がい者支援など福祉に関わる問題は不安なことがたくさんあります。
生活クラブは、組合員の生活の課題を持ち寄っておおぜいの意思と参加で具体的なしくみをつくり、解決していくことをめざしています。
そこで、このたび各地の生活クラブが福祉に関するしくみづくりをすすめるために必要となる資金へ助成するしくみを新たにつくることになりました。
それが「生活クラブ福祉事業基金」です。

「生活クラブ福祉事業基金」はCO・OP共済《たすけあい》の割戻金を活用します。

CO・OP共済の契約者ごとの割戻金全額を寄付に充てます。ただし、この取り組みに賛同していただける契約者の方のみ、寄付していただく形とします。
割戻しが発生する年度ごとに寄付への同意を得ます。

「生活クラブ福祉事業基金」はこのように活用します。

生活クラブの福祉事業に活かします。

なぜCO・OP共済《たすけあい》の割戻金を活用するのですか?

共済は、万が一の時のために必要な、おたがいさまのたすけあいによる保障制度で、それぞれのライフステージによって保障内容も変化していくもの。病気やケガの保障のための掛金によって生み出された割戻金が、地域に生かされ、安心して暮らしていくという循環をつくり、たすけあう形を作りたいと考えました。

寄付の流れ

2017年8月下旬から9月初旬にCO・OP共済《たすけあい》の契約者ごとに「控除証明書 兼 割戻通知書」がご自宅へ郵送で届きます。
割戻金は掛け金が引き落とされている口座へ2017年9月14日~27日に振り込みます。
「控除証明書 兼 割戻通知書」の中に同意書が同封されていますので、この基金へ賛同いただける方は返信または、同意フォームで必要項目を入力ください。
同意していただいたのち、約2ケ月後に消費材利用代金と一緒に引落します。

受付期間

2017年8月28日~12月31日

Q1 この基金を募る目的は何ですか?
医療・介護などの社会保障費の急増が懸念される2025年を目前に控えている現在、地域福祉の機能づくりを加速することが必要と考え、生活クラブ全体で解決していきます。組合員が暮らす地域に必要とされる機能づくり(高齢者の活動の場、子育て支援、障がい者への支援、社会的な居場所、福祉施設など)に、この基金が、各地の生活クラブ生協等が展開していく時の大きさ支援の一つとなります。
Q2 この基金はどんなことに使われるのですか?
組合員が暮らす地域に必要とされる機能づくり(高齢者の活動の場、子育て支援、障がい者への支援、社会的な居場所、福祉施設など)を目的に、各都道府県の生活クラブ生協などが、新たに新規で立ち上げるものや、既存の事業から新たな転換や改善・拡充に対して活用していきます。
Q3 割戻金から寄付までの流れ、実施方法は?
以下のスケジュールで実施していきます。
Q4 一度同意すると毎年寄付金が引き落とされるのですか?
今年度の「同意書」にもとづく寄付は、今年度に限ります。毎年同意を確認する予定です。