散歩スポット紹介コラム ゆったり散歩道

2019年3月向島百花園

向島百花園は、文化・文政期(1804~1830年頃)に江戸の文人によって造られた、四季の自然が楽しめる庭園です。
江戸当時から一般庶民に開放してきた庭で、庶民の憩いの場として愛されてきました。素朴な雰囲気で敷居の高さを感じない、居心地の良い場所です。

園内には日本の古典に詠まれている有名な植物を集めており、四季折々の花が季節ごとに見られるようになっています。「百花園」の名称は一説では「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたとも言われています。
3月にはシラカガやベニチドリなどの梅がきれいに咲いており、下旬になると桜の開花も見られることが多いです。
また、季節に応じて、春の七草、大輪朝顔展、虫ききの会、月見の会などが催され、日本の四季の風情を味わえます。

向島百花園は河川に挟まれており、実のなる樹木も多く植栽されているため、四季を通じて鳥がよく飛来します。コサギなどの水鳥が池で見ることができたり、高い木にはメジロやヒヨドリなどの小鳥も。園内を散策しながらぜひ探してみてください。
園路は道幅が広くて段差も少ないので歩きやすく、ベンチや東屋もあるので、随所で休みながら草花や野鳥の観察を楽しむことができます。

東京の下町にある、心安らぐ庶民的な向島百花園。四季折々の草花を眺めつつ、自然いっぱいの園内の空気を楽しみながら散歩してみましょう。

開園時間: 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
アクセス: 東武スカイツリーライン「東向島」下車 徒歩約8分
京成電鉄押上線「京成曳舟」下車 徒歩約13分
都営バス 亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車 徒歩約2~3分

2018年12月新宿御苑

新宿御苑は、明治39年に皇室の庭園として造られた、歴史ある場所です。
周囲3.5kmの広大な園内では、特色あふれる様式の庭園や、季節の木や花などが楽しめるほか、木々の間から新宿の高層ビルがのぞく、都会のオアシスならではの風景が見られます。

あたり一面が自然に囲まれており、澄んだ空気の中で穏やかな散歩が楽しめます。
春には桜、秋には紅葉など、四季折々の見所があり、行くたびに違った景色が見られることでも有名です。12月にはすっかり色づいた紅葉が残っていたり、ニホンズイセン、フユザクラなども咲いています。数か所に池もあり、ヒヨドリやカモなども見ることができます。
園内には大温室や茶室などの施設があるほか、季節ごとに自然の魅力あふれる催し物も開催しているので、さまざまな観点から散歩が楽しめます。

園内には広々とした芝生広場も多く、天気のいい日にはピクニックも楽しめます。
また、各所に休憩所やベンチが設けられているので、歩き疲れたら緑に囲まれながら座ってほっと一息をついても。

東京の真ん中にありながらも、とても自然が豊かな新宿御苑。景色を楽しみながら、運動をかねて自分のペースでゆったりと散歩してみませんか?

公式HP: 環境省新宿御苑 http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/
一般財団法人国民公園協会 http://fng.or.jp/shinjuku/
開館時間: 9:00~16:00(16:30閉園)(月曜定休(月曜日が休日の場合は翌平日))
アクセス:
東京都新宿区内藤町11
新宿門 東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅から徒歩約5分
東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅から徒歩約5分
都営新宿線 新宿三丁目駅から徒歩約5分
大木戸門 東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅から徒歩約5分
千駄ヶ谷門 JR総武線 千駄ヶ谷駅から徒歩約5分
都営大江戸線 国立競技場駅から徒歩約5分
禁止事項: 酒類持込禁止、遊具類使用禁止