一度家計を見直してみましょう レッスンA

レッスンA:1ヶ月の支出をつかもう

1ヶ月いくら使っているのか、トータルの金額がすぐわかりますか? 銀行口座やカードからの引き落としが多く、1ヶ月の支出の合計がわかりにくいところですが、銀行からおろして現金で使っている金額と、カードなどから引き落とされている金額を拾って、合計を出してみましょう。

次に項目を立て、支出の内容を整理していきましょう。まず、食費・日用雑貨などの生活費です。生活クラブのお金はここに該当します。次に水道光熱費・通信費・教育費・住宅費・車費・保険料・その他の支出などです。水道光熱費は電気代・ガス代・水道代などで、通信費は電話代・携帯電話代・インターネット代などです。

教育費は塾や習い事・お小遣いなどお子さんにかかっている費用全てが対象です。住宅費は住宅ローン・管理費と修繕積立金など、住宅にかかる費用全てを含みます。車代も同じ考え方で、駐車代・ガソリン代・保険料などが対象です。保険料は生命保険や医療保険、学資保険などの保険料です。その他の支出は夫や妻の小遣い・衣服費・娯楽費などです。

これはどの項目にあてはまるのかどうか、わからないものがあるかもしれません。その時はその他の支出に入れましょう。細かく考えずに、大ざっぱに把握できればいいのです。

家計簿をつけている方はここまでの作業がやりやすいことでしょう。家計簿をつけていない方は現金で使っているお金とカードなどから引き落とされているお金を合計したら、大まかにわかる範囲で支出内容を分けていきましょう。

いかがでしょうか? これで、1ヶ月の支出の合計と項目が大体把握できたことでしょう。項目毎に金額を見て、これは払いすぎ、この出費はムダなどと感想が出てきたのではありませんか? 毎月引き落としになっている固定費は当たり前のようになっていますが、この機会に見直してみましょう。その中でも一番の見直しは保険です。多くの方が保険を掛け過ぎていたり、だぶって掛けているので、保険を見直すことが保険料削減につながり、効果的な家計の見直しになることが多いようです。

家計費で大切なポイントは1ヶ月の予算を決めたら、その枠内におさめて支出することです。どうしても支払わざるをえないエキストラの支出は別ですが、月々の生活費がなくなる度に銀行口座からおろすようでは、いくらお金があっても足りなくなってしまいます。金額を決めたら、その範囲内でやりくりできるようにしましょう。そのためには、家計費を項目ごとに封筒分けしておくと管理しやすいかもしれませんね。

家計費見直しのポイント

  • 1ヶ月の予算を決め、予算以上に支出しないようにする。
  • 固定費を見直す – 特に「保険の見直し」は有効。

▲生活クラブFPの会 佐藤 里子

ページトップへ