一度家計を見直してみましょう レッスンC

レッスンC:10年先のプランを立てよう

1ヶ月、1年と現在のお金の流れが把握できたところで、今度は将来の家計について考えてみましょう。お子さんが高校を卒業するのは何年後ですか? 住宅を購入する予定はいつ頃でしょうか? ご主人の定年は何年後でしょうか? このように、それぞれのお宅の家族構成や事情などにより、まとまったお金が必要になる時期があります。

家族の年齢などを基にして、ライフプランを作ってみましょう。ライフプランとは「何年後にどんなことが起こるか、どんなことをやりたいか」といった予想や希望、目標のことをいいます。ライフプランを立てると、「いつ」「何に」「いくらぐらい」お金が必要になるか、漠然とした未来が具体的な形になっていきます。必要な時期に備えて、これくらいのお金を用意しようという目標ができたら、貯蓄計画を立てます。

収入から貯蓄額を差し引き、残ったお金で生活する。残ったお金があまりに少なく、これで生活するのはむずかしいということであれば、ライフプランを見直す必要があるでしょう。しかし、お金が余ったら貯蓄をするという姿勢ではお金はなかなか貯まりません。貯蓄しようと目標を立てたら、自動的に積み立てられるシステムを利用し、毎月一定額を最初に貯蓄するのが一番です。ご主人が会社員の方なら、給料天引きの財形貯蓄ができますし、このような制度がない方は銀行などの自動積立定期を利用して、給料振込口座から積み立てていきましょう。

「収入」ー「貯蓄」=「支出」

ライフプランを作ることは、10年先20年先の我が家の未来像を描くことです。あなたやあなたの家族が幸せに暮らしていくために、ライフプラン作成は欠かせません。毎月なんとなくお金が回っているからいいなどと思っていると、将来多額の出費に対処できなかったり、少ない貯蓄のせいで余裕のない生活になってしまう可能性があります。ライフプランは家計の経営計画です。将来を見通した経営計画を立てることにより、毎月の家計をどう予算立てすればいいか、年間ベースで家計をどう組み立てればいいかが明確になります。毎月の家計を明るい未来につなげるために、是非ライフプランを作りましょう。

これからは年金や健康保険などの社会保険料の値上がりにより、手取り収入があまり増えていかないことが予想されます。限られている収入を効率的に使う家計力が試される時代になってきたと言ってもいいでしょう。このレッスンを一つずつ行うことにより、家計のムリ・ムダをなくし、ライフプランを着実に実現できる家計力をアップさせましょう。あなたとあなたの家族の幸せな未来のために。

▲生活クラブFPの会 佐藤 里子

ページトップへ