まさか!のときに役に立つ 損害保険(自動車保険)

自動車保険選びの3つのチェックポイント

ポイント1 自動車保険の基礎知識

交通事故による死者は年間7000人弱、高額賠償判決例では人身事故3億円超、物損事故2億円超となっているものもあります。自動車保険は法律で契約が義務付けられている「自賠責保険」と、任意で契約する「任意保険」があります。

自動車事故で死傷した被害者は、自賠責保険によって一定額までの補償を受けられるようになっています。ところがひき逃げに遭い加害者が分からない場合や、加害者が自賠責保険を契約していない場合は、自賠責保険からの補償は受けることはできません。

こうした場合は、自賠法に基づく「政府保障事業」により被害者が救済されるシステムがあります。

ポイント2 自動車保険の仕組みは2段階

自賠責保険の補償内容(対人賠償のみ・支払限度額)

ケガ120万円
後遺障害75万~4000万円
死亡3000万円

任意自動車保険の基本構成

他人のための賠償保険

対人賠償責任保険・対物賠償責任保険

自分のための保険

人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険
無保険者傷害保険・自損事故傷害保険・車両保険

ポイント3 契約内容と契約条件をチェック

自動車保険が対象とするのは、家計では到底対処しきれないような大きな経済リスク。
場合によっては数千万円、数億円規模の損害が生じることさえあります。
万が一の事故の場合、きちんと補償されるような契約をしておくことが大切です。
自動車保険の契約は通常1年。更新前に必ず契約内容をチェックしましょう。
また条件が変わった場合は、必ず保険会社に連絡をしましょう。

契約内容
「対人補償」と「対物補償」は、無制限が望ましい。
自分自身や同乗者のためには「人身傷害補償保険」をつけることが望ましい。
その他必要に応じて特約をつける。自動的についている特約内容もチェックしておくとよい。
条件は変わっていない?

自動車の状況

自動車は替わっていないか?
自動車は増えていないか?
走行距離は?
使用目的は変わっていないか?
今回の車両保険はどうする?
ファミリーバイクはない? など

運転者の状況

運転者のメンバーは変わらない?
運転者の年齢条件の変更は?
免許証の色に変更はない? など

▲生活クラブFPの会 佐藤 里子

※このページは、自動車保険の概要についてご紹介したものです。取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には、生活クラブ共済連までお問い合わせください。

ページトップへ