生活クラブらしさ満載の参加型福祉コミュニティづくり

メニュー

庄内の「魅力」

ほどよい「都市」、豊かな「食」と「自然」、充実の「福祉」庄内の魅力をご紹介します

夢の「都心から移住してカフェ経営!」のススメ

突然ですが、「いつかは地方に移住して、ゆっくりこだわりのカフェ経営したい!」なんて、思ったことありませんか?

近年、地方に移住してカフェなどを開業するケースは増えているといいます。
その理由のひとつに、開業に必要な費用が都会に比べて格段に安いという点があります。

各地方でいわゆる「空き家」が増加する一方で、自治体などが「空き家バンク」を展開し、住まいや店舗等の事業スペースとして空き家を活用を推進しているなどの動きがあります。

生活クラブが進める「FEC自給ネットワーク構想」でも「産地の空き家活用検討合同プロジェクト」を設置して、産地における暮らしの中で、具体的に居場所や活動拠点として一歩進んだ空き家の活用検討を進めています。

実際に、都心でカフェを開業しようとすると、初期費用だけでも数百万円は下らないと言われますが、空き家を改装するなどして工夫すればその分かなりの費用が抑えられるそうです。

また、地場の旬の食材を使ったメニューなど、その土地ならではの食の活用なども大きな魅力です。

もちろんここ庄内では、これまで紹介してきたように新鮮な魚介やお米をはじめとする農産物など、一年を通じて魅力的な食材が豊富に手に入りますので、移住してこだわりのカフェやレストランを開くにはもってこいではないでしょうか??

さて、せっかくですので実際に都心から庄内に移住された方が経営されているお店を紹介します。

LAUGH&FEEL らふぃる

地元庄内の豊富な食材とハーブやスパイスを使った多国籍料理が魅力的なカフェレストランです。国内外のビールを常時30種類以上(!)取り揃え、ワインやカクテルなども楽しめる、お酒好きにもたまらないお店です。

オーナー夫妻は、東京の飲食店で働きながら、かつて奥様のご実家だった空き家にお店を出すことを決意され、それから2,3か月に一度酒田に足を運び、まちの様子やお店などを1年半かけて下見されたそうです。
そして2013年11月に酒田へ移住し、2014年5月にカフェをオープンされました。

酒田のまちは、海や山の近くにありながら、生活に必要なお店が近くにあって、想像していた地方の暮らしのイメージとはまったく違ったそうです。

新鮮な魚介や農産物をふんだんに堪能できるとあってお店の評判も上々で、近隣の方々をはじめSNSなどでも徐々に広がり、今では幅広いお客が訪れる人気店となっています。

LAUGH&FEEL らふぃる

住所:酒田市大町13-28
TEL:0234-43-6755
営業時間:16:00~24:00
定休:月曜日
駐車場:あり(4台)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+