生活クラブらしさ満載の参加型福祉コミュニティづくり

メニュー

お知らせ・活動報告

お知らせ

庄内の福祉コミュニティ構想 中間報告集会「私らしく生ききるまちを参加型でつくるために」が開催されました

生活クラブでは、住み慣れた地域で安心して暮らせる在宅ケアや居場所づくりなどをすすめてきました。これからも地域機能の創出・充実を促進するとともに、新たにもう一つの選択肢として、地方で私らしく生きる「参加型福祉コミュニティ」を山形県酒田市や、庄内地方の提携生産者と検討を始めています。

2018年1月27日(土)東京で、庄内の福祉コミュニティ構想中間報告集会「私らしく生ききるまちを参加型でつくるために―高齢期は自己決定の連続― 」が開催され、庄内の暮らしや老い支度に関心のある生活クラブ組合員60名が参加しました。 
 
第一部の講演は、社会福祉法人立川市社会福祉協議会 地域福祉推進課長 山本 繁樹氏より、「高齢期は自己決定の連続―地域包括ケアとまちづくり」とのタイトルで、少子高齢化の課題、今後の展望についてお話しいただきました。

「現在の少子高齢社会は、成熟した社会で長生きできる社会です。日本の人口の将来予測では逆三角形の人口ピラミッドになり、75歳以上の方が増えていく社会になっていきます。

日本の健康寿命は世界1位で、医療制度もトップクラスです。一方で介護などを受ける期間が平均で男性9年、女性13年ほどあって、その間をいかに過ごすかが課題になっています。地域ケアの現場では80、90歳で独り暮らしの方の支援が多くなっています。地縁が薄くなっている今、地域にさまざまな場づくりをすることが重要です。人は目的やつながりがあれば、生きていけます。「今日行くところがある」「今日用事がある」「自分を心配してくれる人がいる」という、個人が尊重され、尊厳が護られながら、つながりや交流がある社会・地域です。マンションなどではつながるのは難しいケースも多いですが、さまざまなテーマ型(健康体操、多世代交流など)の集まりも広がっています。

主人公である地域住民が生き生き暮らせる地域をめざし、地域特性を活かし、つながりを作っていきます。高齢になっても、障害があっても共に暮らしていける社会は、誰にとっても暮らしやすい社会です。その可能性をひろげていきたいものです。」

第二部の講演テーマ1は、東北公益文科大学准教授 鎌田剛氏より「参加する暮らしに集うまち~先進事例から学べること」とのタイトルで、参加する暮らしの事例についてお話しいただきました。

「酒田や新潟など地方では、地域に必要な活動をして地域を元気にしている方がたくさんおります。たとえば,地元主婦による2つだけのメニュー食堂やアートにより古民家を再生し、地元の方々が集いの場になっていたりしています。このような参加する暮らしがいま各地で芽吹いています。」

第二部の講演テーマ2は、酒田市企画振興部部長 阿部勉氏より、酒田市の紹介、生活クラブと酒田市の関係、これからの展望等についてお話しいただきました。

「これからの酒田は楽しみがいっぱい。参加する暮らしの選択肢はたくさんあります。参加する暮らしのために、酒田市がこれから取り組むこと。取り組みの根底となる基本計画を策定しています。霊峰鳥海山を望む庄内平野の恵みに抱かれ、生きがいのある「参加する暮らし」をしてみませんか!」とお話しされました。
  
会の最後には今後の取組みとして、「夢都里路くらぶ」と、庄内暮らしプロジェクトの今後の活動について案内がされました。

開催概要

日時:2018年1月27日(土)13:30~16:30 
会場:快・決いい会議室ホールA
新宿区歌舞伎町2-4-10 KDX東新宿ビル3FホールA
参加人数:60名

<第一部講演>
「高齢期は自己決定の連続―地域包括ケアとまちづくり」
山本繁樹氏(社会福祉法人立川市社会福祉協議会 地域福祉推進課長)

<第二部講演>
「参加する暮らしに集うまち~先進事例から学べること」
鎌田剛氏(東北公益文科大学准教授)
「酒田市の取組み」
阿部勉氏(酒田市企画振興部部長)
「庄内協議会の状況報告」
齋藤三郎氏(庄内協議会事務局長、月山農場社長)

<今後の進め方>
「夢都里路くらぶ」
長谷川陽子(生活クラブ連合会)
「庄内暮らしプロジェクト」
小泉奉子(生活クラブ共済連)

司会(開会・閉会):山本百合(生活クラブ千葉理事)
主催あいさつ:伊藤由理子(生活クラブ共済連常務理事)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+