保障選びのコツ

日常生活の中のいろいろなリスクに備える保障は、大きく分けて3段階あります。土台は「公的保障」、次に「組織保障」、「私的保障」があります。

「公的保障」は、公的年金(遺族年金・障害年金)、医療保険、介護保険、労災保険など、国が国民の健全な生活を守るために行っている、公的な保障制度です。

「組織保障」は、勤務先等の福利厚生制度として、給与天引きの保険や万が一のときの死亡退職金など団体ごとに制度化している保障です。

「私的保障」は、公的保障と組織保障で足りない分を自助努力として備える保険です。「貯蓄」はどんな場合にも対応できるオールマイティな私的保障ですが、貯めるのに時間がかかります。まだ貯蓄では不足する、あるいは貯蓄では対応できない場合は「共済」や「保険」で備えます。

自分で準備できる私的保障で、
自分に必要な保障の穴埋めを

国や勤務先で
保障されている保障

「他人のため」の私的保障と「自分のため」の私的保障

公的保障と組織保障は、「ヒト」の損害に対する保障は充実していますが、「モノ」や「損害賠償」に対する保障は限られているか、ほとんどありません。また、他人への損害賠償は、相手の事情により補償額は変わるため、金額は予測できません。公的保障がなく、貯蓄では賄えない大きな損失に備えるためには、私的保障が必要です。具体的には、自動車保険での対人対物補償(無制限が基本)、日常生活におけるトラブル(賠償事故)に備える個人賠償責任保険、自分の住まいを守る住宅保険や地震保険などです。

金額の予測ができる「自分のため」の私的保障は、あらかじめ準備をしておきましょう。必要な保障は年代や家族の状況によって変化しますが、最も大きな保障が必要なのは子育て世代の家計を支えている人です。

他人のため
  • 個人賠償責任保険
  • 自動車保険(対人賠償・対物賠償保険)
  • 損害額は予測不能(相手の事情次第)
  • 可能な限り高い保険金額を確保
自分・遺族のため
  • 生命保険・医療保険
  • 火災保険
  • 自動車保険(車両・人身傷害補償・搭乗者傷害保険)
  • 損害額は予測可能(自分の家計の事情次第)
  • 不要なものはカットできる

保障内容からさがす

保障の考え方

資料請求

ページトップへ