保障の見直しとそのポイント

家計を支えている人の死亡保障は、必要な保障額と契約内容がマッチしているかどうかがポイントです。必要な保障額は家族の状況によって変化します。一度我が家の保障の棚卸しをして点検し、必要に応じて保障の見直しをしましょう。

かけ過ぎかどうか、つまり、適正な保障額かどうかは各家庭の事情で異なります。
考慮する事情は下記の4つです。

  • 子どもがいるかどうか

    子どもがいる家庭は、今後の生活費や教育費を考えて共済や保険を選びます。

  • 妻の職業

    妻に収入がなければ、夫の死亡後の生活を考え、夫の死亡保険金額は多くし、妻に収入があれば少なくします。

  • 夫の職業

    夫の死亡後は、公的年金から遺族年金が支払われるようになります。しかし、会社員と自営・自由業では年金額が異なる(会社員の方が多くなります)ため、それをカバーする保障を選ぶ必要があります。

  • 住まいの形態

    住宅ローンを借りてマイホームを買った場合、夫に万一のことがあっても、残りの住宅ローンは団体信用生命保険で返済されるので、死亡保障額は少なくても問題ありません。賃貸住まいの場合は、今後の家賃の支払いを考慮して、死亡保障額を考える必要があります。

保障内容からさがす

保障の考え方

資料請求

ページトップへ