FPの会のワンポイントアドバイス その3 住まいの保障も見直しましょう

FPの会 岡 直江さん

もし災害に見舞われたら、住まいを守る保障は万全ですか?住まいの保障は一度契約したらそのままの方がほとんどです。防災グッズの準備や点検と合わせて、「住まいの保障」の点検と見直しをしましょう。

生活クラブで扱っているCO・OP火災共済は手頃な掛金で私たちのくらしを守る「たすけあいの共同購入」です。見直しの際にCO・OP火災共済と掛金や保障内容を比較してみることをお勧めします。

住まいの保障は、火災・落雷などが基本
「我が家は火事を起こさない自信があるから大丈夫」。でも「失火責任法」をご存じですか?相手に重大な過失の無い火事のもらい火は賠償してもらえません。自分の家は自分で守るのが原則です。CO・OP火災共済再取得価額※(新たに購入することのできる価格)の保障だから安心です。

※再取得価額とは、契約引受団体である全労済が定めた標準的価格となります。

台風や地震の備えに、自然災害の保障をプラス
自然災害共済を加えれば、暴風雨、降雪などの風水害や、地震、噴火、津波などの自然災害も保障されます。地震によって発生した火災は、火災共済の保障対象外。いつ大震災が起きてもおかしくない今、自然災害に対する保障は必須です。

家財の保障も忘れずに!
家財の被害も侮れません。家の耐震性が増しても、家財への被害が大きくなる傾向があるそうです。災害に備え家財への保障も必要ですね。

賃貸住宅の場合は?
賃貸住宅にお住まいの方は、「家財」の保障に「借家人賠償責任特約」をプラスがおすすめ。火災や漏水等を起こして貸主に損害賠償責任を負った場合も安心です。
(LIVELYたすけあい9月号より転載。)

ページトップへ