東日本大震災訪問活動の報告


~被災地への訪問活動をしています~

この度の東日本大震災により被害を受けられた皆さまにお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復興を祈念いたします。被災されたCO・OP共済にご加入の組合員さんに、被害に応じてのお見舞金(※)やケガで通院などをされた場合に共済金をご請求いただくため、ご加入者のお宅の1軒1軒を訪問、避難所への訪問などの活動をしています。

~生協だからできること~ 

全国の生協職員が被災にあった東北地方を中心に訪問活動をしています。今回お支払いしているお見舞金などは、CO・OP共済にご加入の皆さまからお預かりしている掛金からお支払いさせていただいています。それが生協、CO・OP共済の“助け合い”です。 

●訪問した生協職員の声●

お見舞金についてもですが、訪問して話を伺うことにもお礼の言葉をいただきました。ただ、私が悔しかったのは、組合員さんすべてを訪問できなかったことです。共済に加入されている組合員さんだけなのです。お見舞金のための共済ではありませんが、もしものときにはお手伝いできるのです。すべての組合員さんに共済をおすすめしなければいけないと強く思いました。

 

 

 ~訪問活動を通じてのCOOP共済の決意~

CO・OP共済は、すべての組合員さんにお役に立つべき生協の共済です。

今回の訪問活動では、CO・OP共済に加入いただいていない組合員さんには共済の力ではお役に立てない、という辛い現実がありました。

そして、“組合員さんのすべてにCO・OP共済にご加入いただきたい”と決意を新たにしました。CO・OP共済は加入者の輪が広がれば、保障内容が良くなる共済でもあります。1人でも多くの方にご加入いただくことで、多くの組合員さんのお役に立てるより良い共済を目指して、全国の生協職員一丸となって『助け合いの輪』を広げていけるよう取り組んでまいります。

  ()お見舞金は《たすけあい》《あいぷらす》《あいあい》の加入者がいる世帯に異常災害見舞金規程に基づきお支払いします。


 

【お問合せ先】

生活クラブ共済連
コープ共済センター 受付時間900~1800(平日)900~1700(土・祝日)
0120345712

ページトップへ