19歳でステージチェンジ!ジュニア18コースから医療2000円コースへ

生活クラブ埼玉 ふじみ野支部 岡良子さん


現在、大学2年生の息子がCO・OP共済に加入したのは小学1年生の時だったと思います。

当時、子どものケガや病気の保障をどうしようかと考えていました。病気入院時の保障しか入っていなかったため、ケガの保障のあるものがほしいと思いました。だって、子どもって思わぬケガをするでしょ。そこで、加入したのが、CO・OP共済《たすけあい》ジュニア18コース。手頃な月々1,000円の掛金で、ケガ通院などの保障がカバーできました。小学生の頃は、火傷やケガをして通院したりといろいろありました。初めての請求の時のことです。ケガをして少し時間がたって、「あっ!CO・OP共済に入ってた」と、思い出しました。手続きがわかりやすくスピーディな対応にびっくり!共済金請求は面倒だと思っていたのが、嘘のように楽で、とても助かりました。

今年、息子が19歳になり、晴れて(?)ジュニア18コースを卒業することになりました。しかし、まだまだ自分で保障を考えるのは難しいようなので、医療コースに切り替えて保障を継続しました。保障というよりは“たすけあい”。私はこの言葉が大好きです。安心と手軽さと“おたがいさま”があるからでしょうね。

※お支払内容や共済金請求書類につきましては、ご契約内容・ご請求内容によって異なります。

 

  • 全国各地のハグみちゃんみ〜つけた
  • 安心システム連合
  • 産地の空き家活用プロジェクト 
  • 庄内暮らし
  • 共済これいいよ
  • CO・OP共済インターネット各種手続
  • 生活クラブ連合会
  • 生活クラブの葬祭サービス
  • ワーカーズ・コレクティブ生活クラブFPの会
  • 考えてみよう!TPPのこと
  • たすけあい ジュニア20
  • プラチナ85 新登場
  • 顧客満足度1位

ページトップへ