「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の先進医療からの除外について

【CO・OP共済ニュース】

日頃よりCO・OP共済をご利用いただきありがとうございます。

厚生労働大臣が定める先進医療は、随時、対象とする医療技術等について評価・見直しがされますが、2020年4月1日以降、先進医療より「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」が外れることになりました。

1.先進医療の見直しについて

先進医療とは、厚生労働大臣が定めた先進的な医療技術のことです。
厚生労働省では、先進医療について、将来的に保険診療(健康保険等、公的医療保険制度の適用となる診療)とするかどうかの評価を行なっています。そのため、先進医療の対象となる医療技術等も、随時、評価・見直しが行われます。

2.先進医療共済金のお支払いについて

「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」を受けた場合の共済金のお支払いについて、詳しくはCO・OP共済ホームページ(※)をご覧ください。

 ※こちらをクリック⇒【ご契約者の皆様へ】「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の先進医療からの除外について

カテゴリーアーカイブ

資料請求

ページトップへ