老後資金は2000万円必要?①

老後資金は2000万円必要?①

 2019年「老後資金が2000万円必要」という金融審議会ワーキンググループの報告書が大きな問題になりました。2000万円という数字だけが独り歩きしてしまいましたが、報告書では、根拠となる考え方、資金の必要性が記載されています。そして「暮らし方は様々なので、不足しない人もいるが、これまでより長く生きる以上、今までより多くのお金が必要になってくる。長寿の時代では、今後の資産形成や資産寿命を伸ばすことが必要」とまとめられています。

 総務省の家計調査※では、高齢無職世帯の家計において、高齢夫婦世帯で毎月平均4万円以上の赤字、高齢単身世帯で平均3万円以上の赤字と記載されています。「年金生活の家計は赤字」という統計は、ここ数年で大きく変化していません。今回、国の報告書で具体的な金額が出たことにより不安が大きくなったのかもしれません。

 では、実際に老後資金はいくらあれば安心なのでしょうか?実は答えはありません。「暮らし方は様々なので」とあるように、皆さん一人一人必要な額は違います。ただ漠然といくらあれば良いのだろう?と考えるのではなく、「自分は?我が家の場合は?」と、具体的にイメージして考えることが重要です。

 次回から少し具体的な考え方をお知らせしていきます。

NPO法人Wco.FPの会 藤井 智子

 

※関連データ:総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)2018年(平成30年)家計の概要」より

 上記リンク先⇒Ⅱ 総世帯及び単身世帯の家計収支

 

NPO法人Wco.FPの会は、おもに生活クラブ生協の組合員対象のライフプラン講座の企画、講座の講師派遣、および個人相談の三つの事業を中心に活動しています。

ホームページ⇒NPO法人Wco.FPの会

ライフプラン講座メニュー⇒2019年度ライフプラン講座

カテゴリーアーカイブ

資料請求

ページトップへ