老後資金は2000万円必要?②

老後資金は2000万円必要?②
 
 老後資金がいくら必要か計算する前に、まず次の内容について考えてみてください。それは、「どこで」「誰と」「どんな風に暮らすのか」と言うことです。それによって必要な老後資金は全く違います。考える時のポイントを紹介します。

①どこで
 ポイント:住み替えをするかどうか?
 例えば:今と同じ家で/ふるさとに帰って/住みたい別の場所で/一戸建てからマンションへ/元気なうちに高齢者住宅へ
②誰と
 ポイント:いずれは一人?
 例えば:ひとりで/夫婦で/親と、または子どもと/友だちと
③どんな風に
 ポイント:年金以外の収入が何歳まであるか?
 例えば:収入のある仕事をしっかりする/収入のある仕事を少しする/収入が伴わないボランティア活動をする/趣味を楽しむ/のんびり暮らす

 ①から順番に自分の希望を当てはめてみるとイメージが具体的になります。シングルの方は自分で考え、夫婦ならお互いの希望を話し合うところから始めます。日本は世界でも有数の長寿国ですから、老後も長くなっています。元気で仕事もできる60代、70代。さらに介護が必要になる可能性が高くなる80代、90代。全ての年代で上記について考えてみましょう。人生計画通りに、と言うわけにはいきませんが、平均寿命までは生きるとして考えてみることが大切です。

NPO法人Wco.FPの会 藤井 智子
 
NPO法人Wco.FPの会は、おもに生活クラブ生協の組合員対象のライフプラン講座の企画、講座の講師派遣、および個人相談の三つの事業を中心に活動しています。
NPO法人Wco.FPの会のホームページがリニューアルされました!⇒こちら
ライフプラン講座メニュー⇒こちら

カテゴリーアーカイブ

資料請求

ページトップへ