新社会人になったら①給与明細書

新社会人のあなたへ ~お金と上手につきあっていくための第一歩は初めての給料から~

 初めての給料を受け取り、社会人になった実感があったのではないでしょうか?つい振り込まれた金額だけ見てしまいがちですが、給与明細書をじっくりと確認してみましょう。

給料は、全額が振り込まれるわけではありません。①給料の総額から、②税金、③社会保険料が天引き(源泉徴収)された額が手取りです。

税金は、社会人1年目は所得税だけで、計算式に基づいた金額が天引きされます。年末に1年間の給与と賞与の総額により1年分の所得税額が確定し、これまで支払った額と調整(年末調整)して給与所得者の納税手続きは終わります。住民税は入社翌年から天引きされます。

社会保険は、保険料と税金により生活を支える仕組みです。病気、障害、失業などの他、年を取って働けなくなった時などの生活を支えるセーフティネットです。負担は軽くはありませんが、安心して暮らすためにとても大事な制度です。それぞれの保険でどんな時に給付が受けられるか、また別の機会にお知らせしたいと思います。

働いてもらう給料は、皆さんの生活だけでなく、日本の社会も支えているのです。給与明細には数字しか書いてありませんが、その数字には重みがあることを実感してください。

NPO法人Wco.FPの会 

 

NPO法人Wco.FPの会は、ライフプラン講座の企画、講師派遣、及び個人相談の三つの事業を中心に活動しています。

ホームページ:NPO法人Wco.FPの会

カテゴリーアーカイブ

資料請求

ページトップへ