がん保険の特長~診断給付金~

もしもガンになったら…、治療もさることながらお金の心配も大きいのではないでしょうか?

知っておきたいのは、ガンの標準治療は健康保険で受けられます。ですから、一般の人であれば医療費の自己負担は3割、高額になった時は一か月の自己負担の上限額も決まっています(高額療養費制度)。また通常の医療保険でも、ガンで入院や手術をした場合は給付が受けられます。

一方がん保険は、ガンだけに特化した医療保険です。医療保険との一番の違いは、ガンと診断された時に受け取れる「診断給付金」です。入院や手術を伴わない通院治療でも、診断給付金があれば安心です。また医療用のウィッグが必要になった時などでも費用を賄うことができます。

 2人に1人がガンにかかると言われますが、経済的に一番ダメージが大きいのは、未成年の子どもがいる働き盛りの時です。治療費がかかるだけでなく、治療のため収入もダウンしてしまう可能性もあります。

がん保険は終身タイプが多いのですが、一番ダメージが大きい時に、割安の保険料で保障を確保すると割り切れば、定期保険を選択するのも一つの方法です。古い契約では診断給付金が無いタイプもありますので、契約内容を確認してください。

NPO法人Wco.FPの会

 

生活クラブには、CO・OP共済《あいぷらす》がん特約付きコースと、生活クラブオリジナルがん保険があります。

共済・保険一覧はこちら→ がんへの備え

 

NPO法人Wco.FPの会は、主に生活クラブ生協の組合員対象のライフプラン講座の企画、講座への講師派遣、及び個人相談の三つの事業を中心に活動しています。

ホームページはこちら→ NPO法人Wco.FPの会

カテゴリーアーカイブ

資料請求

ページトップへ