プラン選択のコツ

まず現在加入している保障を確認してみましょう。どんな時にいくら支払われるか、保障はいつまであるのかなどです。その上でライフステージに合う内容に見直しをしましょう。
保障の見直しポイントは以下から。

保障の種類には、死亡を対象とした生命保障、家屋や家財を対象とした火災保障、自動車の保障などがあります。病気やケガとは違い、万が一が起こった時に貯蓄だけでは金銭的問題が解決できないことが多いので、保障の検討をする際は、まずここから考えていきましょう。

また、突然の病気やケガなどに対し、貯蓄だけで備えるには不安な場合などに、加入することで安心感を得られる保障もあります。それが、医療保障・がん保障などです。

これらすべての保障は、保障額も加入条件・掛金負担なども異なるため、一人ひとり、そして家族の保障のニーズに合わせて考えなくてはいけません。どのような保障がわが家に必要か、しっかり考えてみましょう。
自己負担となる医療費以外の出費に備えておくことがポイントです!

保障内容からさがす

保障の考え方

資料請求

ページトップへ