スマートフォンサイトをみる

更新履歴

2018.12.7
すこやかハグ組 新コラムの「ゆったり散歩道」と「毎日のプチ健康意識」を更新しました!
2018.11.6
すこやかハグ組 新コラムの「毎日のプチ健康意識」と「すこやか〇×クイズ」を更新しました!
2018.9.20
ハグみちゃんの部屋 ハグみクラフト10月・11月・12月分を更新しました!
2018.9.20
すこやかハグ組 すこやか育む家族の健康カレンダー10月・11月・12月分を更新しました!
2018.5.22
ハグみちゃんの部屋 ハグみクラフト6月・7月・8月・9月分を更新しました!
2018.5.22
すこやかハグ組 すこやか育む家族の健康カレンダー6月・7月・8月・9月分を更新しました!

支払いを受けられた方の声

手頃な掛金ですが、しっかりした保障で安心です
生活クラブ東京 組合員のTさん 2018年1月

病気やケガに備えた保障を考えた時、共済は手頃な掛金で保障内容が充実しているので以前から加入していました。そして、生活クラブ独自共済のハグくみができた時は組合員どうしのおたがいさまが広がるといいなぁと思って加入しました。
私と夫はそれぞれに病気入院・手術をして、共済金をいただきました。支払後にわかったのですが、思っていたよりハグくみの保障が手厚かったのを実感しました。組合員のニーズを反映した生活重視の保障の組立てがされているからでしょうね。
 また、ハグくみには退院後に生活クラブ共済ケアサービスが利用できるしくみがあるのもとてもいいことです。最近は入院日数が短く、体力の回復などが不十分なうちに自宅に帰ってくるケースが多くあります。特に女性はまだ心身が不安定な時期にもかかわらず、我慢して家事などをされる方も多いようです。無理をしないで、たすけあいワーカーズの方に家事や買い物のサポートをお願いできるのも生活クラブ独自の共済だからです。いざという時利用できるケアサービスは心強いと思います。家計に負担のない月1,000円の掛金ですから、若い方にもおすすめしています。

思わぬ手術に共済金もケアサービスも役に立ちました
生活クラブ愛知 組合員のSさん 2017年12月

生活クラブ独自のたすけあいのしくみを応援しようと、ハグくみに開始当初から夫婦で加入していました。保障の内容までしっかり理解していたかと言えばそうでもなく、共済学習会に参加して、日帰り手術も保障の対象だと知りました。夫が大腸のポリープの切除手術を受けていたので、早速共済金の請求をしました。それ以来、ハグくみの良さをいっそう勧められるようになりました。
 ところが今度は私の方が一大事で、医師にすすめられて撮った腹部のエコーで腎臓に異変が発見され手術をすることになりました。なんの自覚症状もなかったので本当に驚きましたが、幸い手術も上手くいき、術後6日で退院できました。ハグくみの入院保障は日額3,000円が1日目から出ますので、他に加入していた保険と併せて差額ベット代に充てることができ、個室でゆっくりと休むことができ良かったです。
 退院後は重いものが持てず家事が大変でした。生活クラブ共済ケアサービスのお話を事務局から伺い、福祉ワーカーズの方に来ていただきました。布団干しと掃除機かけをやってもらうことができ、とても助かりました。組合員の目線で考えられたたすけあいのしくみに感謝しています。

支えあいを実感! 退院後のサポートもGood
生活クラブ大阪 組合員のTさん 2017年12月

少し前から不整脈の自覚症状がありましたが、特に困ることなく元気に生活クラブの活動などにいそしむ毎日でした。ところが去年の秋に忙しい日々が続き、自宅で発作を起こし救急車で病院に搬送されました。
 退院後は体力の回復を待ちながら自宅で静養しておりましたが、暮れの時期になり、大掃除などが気になりました。そこでハグくみの生活クラブ共済ケアサービスを利用して、換気扇の掃除をしていただくことにしました。無理のできない時にありがたいサービスでした。
 今までは支える側でしたが、ケアサービスだけでなく手術や入院保障も手厚く、多くの方に助けられているのを実感しました。手術となりますと、一度にまとまったお金も必要です。生活クラブ共済ハグくみは月1,000円の掛金で手軽に始められますから、いざというときの備えに心強いと思います。特に若い世代の方は病気も手術も縁遠いもののように考えておいででしょうが、思わぬこともありますので、日ごろの備えが大切です。

2017.9 女性(63歳)―半月板損傷
今回初めてケガ通院で共済金を頂きました。手続きも簡単でとても助かりました。ぜひお互いのたすけあいのためハグくみに加入しましょう。月1,000円の掛金だけで、面倒なことは何もありません。何よりも自分のため、それがみんなのたすけあいにつながります。
2017.9 男性(64歳)―右手首骨折
労災適応の場合もハグくみを申請できることを教えて頂き良かったです。毎月1,000円の掛金で通院保障が受けられるのはお得な気分です。
2017.8 女性(40歳)―出産
出産して、祝い金や産後サポート金がでる共済!他にはないのではとびっくりしました。
生活クラブ共済ハグくみって?

「私たちに必要なものがほしい」と
組合員がつくった共済です

私たちの生活には、思いもよらず困ってしまうことがたくさんあります。生活クラブでは「エッコロ共済」などのしくみを使って「困った時はお互いさま!」と言い合える関係性を地域の中につくってきました。1995年、神奈川で生まれた「ステップ共済」も組合員が組合員のためにつくった独自の医療保障です。そして、同様の保障を「たすけあいの消費材」として、たすけあいの理念とともに全国に広げようと「生活クラブ共済ハグくみ」が誕生しました。 私たちの手で、一緒に広げていきましょう。

生活クラブ共済「ハグくみ」のいいところがこれ1枚でわかります。