すこやかハグ組くみ

健康診断のミカタ

昭和薬科大学 薬物治療学研究室 水谷 顕洋教授 監修

健康診断の結果を手にしても「そもそも見方がわからない」「この検査で何がわかるの?」ということはありませんか。健康診断結果表に記載された内容についての目安をまとめました。結果と照らしあわせて、確認してみましょう。

基準値について

正常値は健康な人をたくさん集めて得られた検査データの95%の人が含まれる範囲を正常値(正常範囲)と定義しています。このため健康な場合でも、正常値(正常範囲)をはずれる場合があります。
したがって、「正常値」という用語は誤解を招くため、「基準値(基準範囲)」と表記しています。最終的に異常値が病気によるものかどうかは、医師による総合的な判断が必要になります。また同じ検査項目でも、検査方法や単位により正常値・基準値が異なる場合があります。他の医療機関での検査結果と比較する場合は注意が必要です。

判定区分

検査項目に異常値が認められても、それぞれ単独で判定することはありません。すべての項目を総合的に医師が判断し、判定します。

A 異常なし 今回の健診結果範囲においては異常を認めませんでした。
B 軽度異常 わずかに基準範囲をはずれていますが、日常生活に差し支えありません。
また精密検査の必要もありません。
C 要経過観察 生活習慣を改善し、あるいは症状等変化がなければ、数字の月数が経過した時点で最寄りの医療機関で再検査をお受けいただくことをお勧めします。
  • (C12) 要経過観察 年1回……年1回の健診で経過をみてください。
  • (C6)  要経過観察6ヵ月後……6ヵ月後の再検査をお勧めします。
  • (C3)  要経過観察3ヵ月後……3ヵ月後の再検査をお勧めします。
D 要精密検査 検査で異常がみられましたが、明らかな診断をつけるために、さらに詳しい検査及び診察が必要です。今後治療が必要となることがありますので、必ずお受けください。
E 要治療 ただちに専門の医療機関を受診し、医師による治療を受けてください。
F 治療中 現在、病院に通院して治療を受けている、あるいは具合の悪いとき病院・医院で診てもらっている疾病に関する項目です。結果の良し悪しにかかわらず、必ず主治医に見せて確認してもらってください。

注意事項

  • 1.判定欄・結果欄の×××印***印は、未施行や検体不良などによる測定不能を表します。
  • 2.検査結果欄の*印は基準範囲外を表します。
計測

身長と体重を測定し、やせ過ぎ、太り過ぎを調べています。

検査項目 基準値 この検査でわかること
標準体重 (身長m)×(身長m)×22で算出されます。「22」はBMIの標準値です。
BMI 18.5~24.9 肥満度を表す指標で、 (体重kg)÷(身長m)÷(身長m)で算出されます。
*BMIはBody Mass Indexの頭文字で国際的に使用されている指標です。
日本人はこの値が「22」のときに最も病気になりにくいといわれています。
肥満度 ±10% (体重kgー標準体重kg)÷(標準体重kg)×100で算出されます。
やせ過ぎ やせ気味 正常 太り気味 太り過ぎ
-20% -10%~-20% ±10% +10~+20% +20%
体脂肪 男17~23%
女20~27%
体重に占めるおおよその脂肪の割合を表します。
視力 裸眼もしくは視力矯正(眼鏡・コンタクトレンズ使用)の測定値となります。
5mの距離の設定で測定した視力です。